望月人形

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL.(054)
376-0010
TEL.054-376-0010

【営業時間】AM10:00〜PM6:00

お店へのアクセス

〒421-3104 静岡市清水区由比北田112-19
【営業時間】AM10:00〜PM6:00

最寄り駅:JR東海道本線「由比駅」から徒歩15分(約1.5km)
■関東方面の方
JR新幹線「三島駅」→JR東海道線「三島駅」→JR東海道線「由比駅」
■関西方面の方
JR新幹線「静岡駅」→JR東海道線「静岡駅」→JR東海道線「由比駅」
地図アプリ起動 大きな地図で見る

TEL.054-376-0010

LOADING

本日(3月3日)は五節句の一つ「上巳」です。

雛祭りの起源は、300年頃の古代中国で起こった「上巳節」にさかのぼります。「上巳(じょうし/じょうみ)」とは旧暦3月の最初の巳の日こと。旧暦の3月3日は桃の花が咲く季節であることから、桃の節句とも呼ばれる。桃の開花期に重なるというだけでなく、古代中国では桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからです。のちに行事の日付が変動しないよう、奇数の3月3日となりましたが、もともとは女の子のお祭りではなく、春を寿ぎ、無病息災を願う厄祓い行事だったのです。

上巳のころは季節の変わり目で、災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、古代中国では、この日に水辺で穢れを祓う習慣がありました。この上巳節が遣唐使によって日本に伝えられると、宮中行事として取り入れられ、「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、禊(みそぎ)の神事と結びつき、紙や草で作った人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流したりするようになりました。この風習は、現在でも一部地域で「流し雛」として残っている。

「流し雛」の人形(ひとがた)は紙や草などで作られていましたが、人形(にんぎょう)作りの技術が発展し高級化してくるにつれ、人形は流すものから「飾り祀る」ものへと変化していきました。江戸中期頃になると「雛人形」や「雛道具」を雛壇に飾るのが流行すると、女の子が生まれたらその子のお守り、神様として雛人形を飾ることがみんなの憧れとなり、「雛祭り」として皆でお祝いをするようになったのです。

五節句(節供)とは

平安時代王朝の節会行事として、正月1日・元日節会(がんじつのせちえ)、7日・白馬節会(あおうまのせちえ)、16日・踏歌節会(とうかのせちえ)、5月5日・端午節会、7月7日・相撲節会(すまいのせちえ)、9月9日・重陽節(ちょうようのせち)、11月中旬・新嘗会(しんじょうえ)、豊明節会(とよあかりのせちえ)、五節(五節舞)が中心となり、さらに正月の内宴・後宴(ごえん)、三月上巳の曲水の宴、花の宴(桜の季節)、藤花の宴、秋の月見の宴などが行われました。

やがて武家時代を迎えると、公家行事に新たな武家行事が加わり、一方、武家が公家行事に倣(なら)うこともあり、また民間でも公家・武家に倣って様々な年中行事が行われるようになりました。しかし、応仁の乱後、宮中行事の伝統は壊滅的な打撃を受け、その後は民間伝承の行事が主体となります。

江戸幕府が開かれ安定した世を迎えると、幕府は従来の多くの節日から、1月1日(元日)以外の5つの節目の日を選び、「五節句(節供)」として制定します。それが1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)です。